アパート生活 · シングルマザー

テレビ売却に見る私の生い立ち

今日、リサイクル業者にテレビとDVDプレーヤーを引き取りに来てもらった。

別居した時に、お金がないながらも子守のために購入した、ある意味思い出深いもの。

 

引っ越すでも買い換えるわけでもなく。

 

ただただ、テレビを捨てた。

 

だけ。

 

きっと、テレビが必需品の人って多いと思う。

でも私には全く不要なものなのです。

スポンサードリンク



 

その理由は、

  1. ガヤガヤした音が好きではない
  2. 見終わった後、時間を無駄にした感がある
  3. 単純に内容に興味が持てない

 

映画などは作品として観ることもあるけれど、テレビはなんでだか好きになれない。

 

どうして私がこうなったのか、よ〜く考えてみた。

 

原因は、毒親である父親!

 

幼い頃、とにかく厳しく育った私。

今思えば、精神的にすでにおかしかった子供だった。

親に押さえつけられすぎて、私は小学校3年生まで外で言葉をほとんど発することはなかった。

感情を表現することを知らない子供だったのだ。

 

テレビの話に戻ると、

テレビの番組主導権はもちろん父親!

ここで「もちろん」と言ってしまうあたりが、もう毒親にやられているなと思うのだが。

 

父親が選択するのは巨人戦やニュースだけ。

しかし小学生になると1日に30分だけ子供番組が観ることができた。

でも巨人戦があれば、それも観ることができない。

 

「バカみたいな番組観てんな!野球だよ野球!当たり前だろっ!」

というように、いつも高圧的だった。

 

そうやっているうちに、テレビ自体に興味がなくなっていったのでした。

 

独身時代の一人暮らしの部屋にもテレビがなかったっけな。

 

さらに、4年半の海外生活。

日本のテレビは観られない環境。

観れるのはNHK Worldくらい。

それでも私にとっては、全く問題がなかった。

 

2014年6月 別居開始。

子供と1対1の生活が始まった。

 

やるべきことは山積みなのに、当時3歳児の子供の世話までこなすのは無理があった。

 

そこで、「子供のために(今思えば私の自由のために)」と思ってテレビを品定め。

自分は興味がないから、安い無名メーカー COBYの32型を購入。

普通レコーダーを合わせて買うのかもしれないけど、子供は海外育ちで「テレビを撮る」ということを知らないから買わなかった。

SONYの安いDVDプレーヤーだけ買った。

 

子供にはテレビを観せ放題観せていた。

 

だって、子供がテレビに夢中だと、わたしが楽なんだもん!

 

昨年末の事、テレビを観ないという約束にした。

きっかけは些細なことで、子供が観たいという映画を観せに映画館にまで行ったのに、なぜだか開始10分で映画館から出てしまったのだ。

どうしても観たいというからクリスマスプレゼントとしておもちゃ付き前売り券まで買ったのに、映画を観ないとは・・・。

 

理由はよく分からないけど、

きっと、前売り券の付録のおもちゃで満足してしまったのだろう。

 

その時に、「わざわざお金払った映画を観ないなら家でのテレビも無し!」という約束にしたのでした。

 

初めの一週間は、「テレビないのかぁ〜つまんないな」なんて言っていたのが。

そのうちご飯の準備を手伝ったり、一人でおとなしく本を読んだり、レゴに夢中になったりして。

 

終いには、

「ねぇ、テレビ捨てようよ〜」

 

と、子供が言い出したのでした。

 

テレビを観ていた(観せていた)頃、きっと子供も暇だから”ただ観ていただけ”だったのだろう。

今は、夕食の準備やらお手伝いなどやることがあるから、観たいとも思わないようだ。

 

テレビを観せていた頃は、この番組が終わったら食事にしようなんて思ったりしていたけど。

今はそれはない。

 

あぁなんて快適なんだ〜テレビに縛られないとは!

 

観ないにしてもせっかく買ったものだからと私は捨てるのを躊躇していた。

 

そこへ・・・

なんとNHKの人が訪問してきた。テレビのことを考えていたから、なんていいタイミングできたんだと思った。

 

「このアパートに衛星放送が観られるアンテナが取り付いたようなので、衛星の契約にしてください」

と有無を言わさぬ勢い!!!

 

そのNHKの人に、私は質問しました。

「本当にこのアパートの人たち、衛星の契約に変更してるの?」

 

「このアパートでどなたとは言えませんが、

受信料を請求できない生活保護世帯の方が多くいるので・・・。」

 

と言われた。

誰とは言わないって言ったって。言っちゃってるじゃん。

うち以外にこのアパートには6世帯しか住んでいない。

 

そのうちの複数は生活保護世帯なのか・・・

なんだかショックだなぁ〜

という気持ちになった。

 

料金の話に戻ると、

月に900円も料金が上がるとのこと。

 

NHKは、「テレビ観ないから」なんて言っても帰ってはくれない。

受信機を家から無くさないと、契約解除できないようになっているのだ。

 

「よし!テレビ捨てよう!」

 

とようやく決心がつきました。

月内に処理しないとまた来月分の受信料を払わないといけなくなるので、スピード勝負。

 

NHKの人が訪問してきて二日後の本日。

リサイクル業者さんに引き取りに来てもらった。

 

COBYの32型テレビ 2,000円

SONYのCD/DVDプレーヤー 0円

 

リサイクル料金として、こちらがお支払いしないといけないだろうと覚悟していたので、

2,000円で買い取ってもらえたのは、万々歳!!!

 

こうしてスッキリした部屋に、子供は早速レゴの作品を飾りだした。

ますます快適な我が家、です。

 

 

スポンサードリンク



 

関連記事

海外の豪邸から築古アパートに引越した

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA