役所の手続き

支援措置 決定通知が届いた

モラハラ元夫に居場所を知られたくないため、住民票の閲覧制限をかけています。

こちらの手続きに関しては過去の記事をご覧ください。

 

DV被害者が住民票を移す<その4>支援措置「約束の品」

DV被害者が住民票を移す<その5>支援措置「さらなる条件」

 

スポンサードリンク



手配が終わったと思ってすっかり忘れていた頃に、

「住民基本台帳事務における支援措置申し出について(決定通知)」という書面が郵送で届いた。

 

支援が始まりますよという通知でした。

手配しに役所に行った日から、支援措置が始まっていたのかと思ったらそうではなく。

決定通知を見ると、その一ヶ月後からの開始であった。

 

さらに、

支援の期間は開始日から一年間

とのこと。

 

支援の終了する一ヶ月前から申し出が可能とのことで、

また翌年も支援をお願いしたいのであらば、改めてまた役所に出向いて更新手続きをすることになる。

 

私の場合はどうだろうか。

少なくともあと数年は支援をお願いしようかな。まだまだ様子見である。

 

さらには、

”約束の品”の内容に変更がある場合、改めて役所に行かなくてはならない。

現在の私の状況は、まだ更新された内容の”約束の品”を持って行っていない。

また時間を作って、出向かなくては・・・

 

なかなか手間ではあるけれども、そのお陰で安心を受け取ることが出来る。

ありがたい制度である。

 

いつかこう言った制度のお世話になることもなく、何のこと?ってくらいに忘れてスッキリ暮らせる日が来るんだろうな。

 

あぁよかった。

モラハラの家を出てから、いい方向にしか進んでいってない!!!

 

 

スポンサードリンク



 

関連記事

DV被害者が住民票を移す<その4>支援措置「約束の品」

DV被害者が住民票を移す<その5>支援措置「さらなる条件」

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA