シングルマザー · 子育て

母子家庭でピンチな時

それは、

 

子供の具合が悪い時。

 

さらにピンチなのは、

 

自分の具合が悪い時。

 

 

スポンサードリンク



 

まず、

子供が具合が悪い、ということは一人で看病しないといけなくなるのだ。

いつも通りの事だけど、どんなに大変でも代わりの大人は、いない。

 

病児保育室の予約が取れるか。

それによっては、会社に行けないかも!と焦る。

 

先週末は、そんな状況でした。

(過去の記事⇨「胃腸炎!?」)

 

今回は看病というよりも、嘔吐の後片付けが大変だった。

土曜日の早朝まで嘔吐の嵐で、午後から発熱。

どうなることかと思っていたら、日曜日にはすっかり元気になっていた!!

 

ホッとした〜〜〜

 

病院では、「もし月曜までも具合が悪ければ、相当ひどい状態だからまた来てね。」と言われていた。

ということは、たいていの場合は月曜には良くなるのかなと考えてはいたけれど。

こんなにもすっきり元気になってくれて、本当に嬉しかった。

念のため、日曜日も予定はキャンセルして家でゆっくり。

 

月曜の朝になってすること。

それは、子供の体調を再度確認して、

いつもの保育園に行けそうなら予約していた病児保育室にキャンセルの電話を入れること。

待機している子供たちがたくさんいるので、必ず8時半までと決められた時間までに留守電にキャンセルの旨を伝える。

 

今回も無事にいつもの保育園に行けそうだったので、2件予約していた病児保育室に電話してキャンセルした。

 

いつもの生活が出来ることのありがたさをかみしめる。

 

毎日がバタバタだけど、やっぱりいつもの生活が出来るって素晴らしい。

一人で子育てしていると、より一層そう思うのかもしれない。

 

土日に具合が悪くなってくれた子供に感謝。

そして、土日に治ってくれた子供に感謝。

 

今までのひとり親生活の中で、健康面でいうと、保険証がないことの苦労、子供が突然1週間入院してしまった時の苦労、と様々な困難を乗り越えてきた。

小さなことでもありがたく感謝できるように、なってきている自分がいる。

 

 

子供の具合が悪い時も、こんな感じで大変であるけれど。

自分自信の調子が悪い時って、もうどうしようもないのだ。

 

私は年に1〜2回体調を崩すことがある。

寝込みたい時だってあるし、熱が出ることもある。

ちょっとそこにあるものですら取れないくらいに具合の悪い時。

小さな子供は、なかなか分かってくれない。

 

「◯◯が食べたい」

「お出かけしようよ〜」

「遊んでよ〜」

 

と寝ている私の上に乗っかってくる。

しんどい。

 

2回ほど、姉にSOSを出して助けに来てもらったことがある。

食事を持ってきてくれたり、子供を外に連れ出してくれたり。

その数時間で本当に救われるのだ。

その数時間で集中して寝て、たいてい復帰出来る私。

 

きっと、体も乗り越えないといけないことを分かっているのだろう。

 

そうして、動けるようになった自分の体にもありがたく思う。

 

来年は、小学生。

もし私が寝込んだとしても、どんどん助けてくれるようになってくるのかなぁ。

看病してくれなくてもいいから、自分のことを自分でやって、母を寝かせておいてくれるといいな。

 

いつか、こんな風に子供や私が具合が悪いことが大変だったことすら、忘れるような時が来るのかな。

きっと、辛い時期の峠は越えている。
あとは、楽しいことを考えて生きていこう!

スポンサードリンク



関連記事

胃腸炎!?

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA