アパート生活

築古木造アパート 効果的な防寒対策 第10位〜第6位

今、子供と二人で住んでいる家の様子は、こちらの記事(海外の豪邸から築古アパートに引越した)に書いてみました。

 

11月も終わりになってきた。

先週は雪も降ったりと真冬並みの寒さに。

 

とにかく寒い古い木造アパート。

この暮らしも3回目の冬。

 

1年目は、本当に寒くって寒くって・・・

寒すぎて思考能力も低下して、行動力も低下して、寒さ対策がきちんと出来なかった。

1年目は別居したストレスや、毒親からの攻撃のショックで、それどころではなかったのだ。

身体も心も冷え切っていた。

 

休みの日もなるべく家にはいないようにした。寒いから。

 

たまたまイベントで、鍼灸師さんにマッサージを教えてもらったことがあった。

冷え切った私の手を握って、『あなたどうしたの?頑張っているのね』と言ってもらって、

涙が出そうになったのを覚えている。

まだ当時は婚姻費用ももらえていなく、貯金を削る日々。

一人子育ての大変さ、身近に助けてと言える友達も親戚もいない状況であった。

スポンサードリンク



 

少し遠くに住む駐在時代のマダム友達に、『寒くて死にそうだ』と言っていたら、会社から帰って来たら家のドアノブに暖かい服やコートなどかけてくれていたことがあった。

また別のマダムな友人は、使わなくなった毛布を送ってくれた。

 

冬が終わるたびにお世話になった友達に、

『無事、越冬しましたっ!』

と報告をしている。笑

 

とにかく、いろいろ辛かった、1年目の冬!

 

そんな、冬の時代を乗り切ってきた。

私が防寒対策をちょこちょこして、今ではだいぶ快適になった。

 

どんなに寒かったかというと。

室温4度!とか。

もう外気そのもの。

 

防寒対策をした今、そこまでは下がらない。

たとえ、だいぶ室温が下がったとしても、少し暖房をつければすぐに気温が上がるようになった。

 

第10位から書いていこうと思うのだが。

まず前提として、私のこのアパートはガスストーブ、石油ストーブが禁止!

ということは、電気もののみ。

うちでは、メインは備え付けのエアコンである。

 

では、

第10位 身も部屋も暖かく包む

これは当たり前のことだけど。本能的にも寒ければ着る!

ベスト、もこもこ靴下、レッグウォーマー、フリース、スリッパなど。

部屋は、あったかカーペットを敷く、暖かいシーツに、椅子にカバーをつける、ソファーにカバーなど。

 

第9位 雨戸を閉める

これ、意外と面倒でやらない。

でもやるとちょっとはマシになる。ほんのちょっと。

だから私も今年はまだ一度も雨戸を閉めていない。

雨戸って、毎日開け閉めしないとって思うと、面倒な防寒対策に思えてしまう。

開け閉めの時に、外気が入ってくるし。

いざとなったら、やろう。笑

 

第8位 気温湿度計を設置する

気温計や湿度計って意外と持っている人少ない。

これがあると室温調節の目安になる。

私は、今は18度になったら暖房を消そう!とか基準をなんとなく作っています。

あぁ、今朝は10度かぁそりゃ寒いわ。じゃあ、ホットカーペットやこたつをつけよう、とか。

さらには湿度計もあると便利。

なんか洗濯物が乾かないと思ったら、こんなに湿度があるのか、とか。

だからどうなるってわけでもないけど。

自分の中で納得したい私には、結構必要なものです。

 

第7位 ホットカーペット

『YAMAZEN フローリング調ホットカーペット』

まさにこのフローリングタイプで何かこぼしても拭けば大丈夫なYAMAZENの1畳ホットカーペットを持っている。

子供がよくこぼすので、少々奮発してフローリングタイプに。

パナは高いので、YAMAZENをチョイス。

1年目の冬。

海外に5年近く住んでいた私は、日本の寒さ、そして木造アパートの寒さを舐めていたのだ。

備え付けのエアコンと、このホットカーペットがあれば越冬できると思ってた!!!

11月の時点で全然無理であった。

今はダイニングテーブルの下に敷いている。

敷いているのを忘れてしまうくらいに、頼っていない。

先週の雪の時に寒くて、何かの足しになればと点けてみた。

無いよりはマシである!

そう、うちのダイニングは”ダイニング”だなんて呼んではいけないくらいに狭いので、1畳のホットカーペットで十分な大きさなのだ。

ちなみにダイニングテーブルは、90センチ四方のもので、椅子は2つのみ。2人暮らしだから。

そういうわけで、ホットカーペットはあってもいいなか?レベルで、第7位でした。

 

第6位 こたつ

『YAMAZEN こたつ 60センチ四方』

こたつなんて、買おうなんて思っていなかった1年目の初冬。

床に座るこたつは、寒い!と思い込んでいて、だから買ったのが第7位でご紹介したホットカーペットであった。

ダイニングテーブルの下にホットカーペットがあれば十分と思い込んでいた。

しかし12月。

ものすごく寒くなってきた!

そして、子供が1週間入院した(このことは別途記事を書きたい!)

病み上がりの子供が帰ってくるのに合わせて、買ったのがこのこたつ!

またしてもYAMAZENさん。

これ、普通のこたつより小さくて、60センチ四方。このサイズしかうちには置けないのである。狭すぎて!

寝室兼リビングは6畳フローリング。

そこにはテレビと小さなソファーと、布団をしまう兼干すことができる大きな布団干し、カラーボックスがひとつが置いてある。

もうこれでパンパン。

なんとか足先だけでも暖まりたくて、60センチ四方のこたつを購入。

こたつ布団は一般的な2m四方のものしか見つけることができなかったので、こたつの周りはこたつ布団がたわわとなっている。

合わせてこたつ布団のカバーやさらに防水の上掛けカバーなんかも買った。

ここで食事もとっていたので、上掛けカバーは買って正解だった。

『こたつビニール上掛け』

退院してきた子供は、こたつにあたったことがなかったから、大喜びしてくれた。

今まで海外育ちだったから、こたつの生活をしたことがなかったのだ。

1年目の冬は、ほとんどこのこたつで過ごすことになったので、本当に買ってよかった!

しかも夏場は、そのままテーブルとして使用できている。

 

 

ここまで第10位から第6位までお伝えしてきました。

そして、2年目の冬に登場した防寒対策がすごかった!

なんと1年目大活躍だったこたつを多用しなくて済むほどに、暖かい空間が作れるようになったのだ。

 

その秘密は・・・次回また第5位からお伝えします。

次の記事⇨築古木造アパート 効果的な防寒対策 第5位〜第4位

 

スポンサードリンク



関連記事

海外の豪邸から築古アパートに引越した

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA