役所の手続き · 離婚

子の氏の変更許可申立書

親権が取れて離婚して、離婚届を提出しても、

 

子供はそのまま元夫側の戸籍に残ってしまう!

 

って知ってますか?

 

私は別居して役所の女性相談員さんに相談している中で、聞いて初めて知りました。

そして実際に元夫の戸籍謄本が届いて見てみたら、子供は夫の姓であり戸籍自体もまだ元夫の戸籍に残った状態になっている。

変化しているのは、離婚届を提出したので私だけが除籍されている。

スポンサードリンク



 

①まず、家庭裁判所に『子の氏の変更許可申立書』を提出

 

②裁判所から許可書が届く

 

③許可書を新戸籍のある役所に提出する

 

これだけやらないと、子供は私と同じ氏で私の戸籍に入ることは出来ない。

正直面倒。

時間もかかるので、ゆっくりひとつずつ片付けるしかない。

 

今日はこれから家庭裁判所に提出する『子の氏の変更許可申立書』の準備について書きます。

 

申立人

  • 子が15歳未満の場合 ⇨ 親権者
  • 子が15歳以上の場合 ⇨ 子供自身

 

申立に必要な書類

  • 子の戸籍全部事項証明書 (戸籍謄本、両親離婚後から現在までの、連続したすべてのもの)
  • 母の戸籍謄本 (離婚後に新しく作成した新戸籍の戸籍謄本)
  • 収入印紙 子供一人につき800円
  • 郵便切手 封筒に貼るのではなく同封する(切手の額は申立先の裁判所に問い合わせる。私の場合246円分)
  • 子の氏の変更許可申立書 (最高裁判所のHPにて入手可能)

 

申立をする裁判所

  • 子供が住んでいる住所を管轄する家庭裁判所

(私の場合住民票と異なる住所に住んでいるが、住民票地ではなく今住んでいるところに提出していいとのこと。

恐らく元夫にもどこの裁判所に提出したかも分からないだろうし、

管轄区域も広いので問題ないのではないか、

それに許可書の送付先が現住所になるので私にとっても都合が良い)

 

戸籍謄本それぞれ1通は、早めに入手。

収入印紙、切手は郵便局へ。

子の氏の変更許可申立書は、私の場合は弁護士さんと打ち合わせを設定して、確認しながら弁護士さんがパソコンで作成してくれた。

 

その申立書に収入印紙を貼って、捺印し。

 

これを郵便で送る。

郵送で対応してくれるのはありがたい。

 

さて、本日投函したら、いつ許可書を入手できるかな。

 

 

スポンサードリンク



 

関連記事

元夫の戸籍から除籍される

新戸籍が完成!

離婚届を提出

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA