子育て · 役所の手続き

住民票が無い場合の就学準備

子供は来年の4月に小学校に入学する予定だ。

通常、公立の小学校に行くのであれば、何もしなくても就学のお知らせがちょうどこの時期10月ごろに届く。

 

しかし・・・・

私はボ〜ッとしているわけにはいかない。

 

今、住んで居るところに住民票が無いからだ。

役所は住民票の情報を元に学籍を作成し、就学のお知らせをするのだ。

 

なぜ、私は今住んでいるところに住民票を置いていないのか、というと・・・

 

元夫がDVだから!!!

 

ただそれだけ。でもそれが最大の理由!

とにかく居場所を知られたくない。

何をされるか分からないから。

 

 

スポンサードリンク



 

住んで居る場所に住民票がない、というのは、ものすごく不便なことである。

何か役所関係のことをする際に、いちいち問い合わせをし、一から説明しないといけない。

それに、実際に住民票を置いているところから証明書や住民票を取り寄せたりしないといけなくなる。

 

  • 年一回の保育料算定の時期に、納税証明書を取り寄せて提出しないといけない(普通は何も提出しない)
  • こども手当の申請
  • 乳幼児医療証の申請
  • 予防接種の定期接種

 

どれ一つ取っても、今住んで居るところで恩恵にあずかろうとすると・・・・とても面倒な手続きが必要になる。

住民票、戸籍謄本、納税証明書、課税証明書、非課税証明書。

何度取りに役所に行ったことか。

 

私の住民票の住所は、電車で1時間半ほど離れた実家に置いてある。

 

住民票や戸籍謄本は郵送で取り寄せることも可能だ。

しかし、住民票と戸籍謄本は住民登録のしているとことにしか発送してくれない。

 

私は両親と、うまくいっていない。

両親は毒親。

モラハラから逃れて日本に帰ってきたけど、帰った実家は毒親の住処だった。

ただでさえボロボロの心に、毒親たちは私にも孫にも怒鳴りつけた。

 

たった2週間で実家を出て、当時3歳の子供とアパートを借りて生活を始めた。

家財道具もほとんど持っていなく、泣きながら何とか生きていた。

 

そんなわけで、住民票も戸籍謄本も協力的ではない実家には送ることが出来ない。

よって、実家の方の役所や戸籍のある夫の実家の近くの役所には、何度も何度も行った・・・・こっそりと。

 

証明書の類の有効期限は3ヶ月。

一つ何か手配が終わり、またちょっとすると証明書が必要になる。

でも、期限が切れてしまっていたりする。

何度、役所に行ったことか。

 

課税証明書、納税証明書に関しては、今住んでいるところに転送してくれる。

ただ、その転送手続きのために一度役所に出向かないといけなかったりする。

でも便利なので、もし必要な場合は問い合わせてみると良い。

 

で、今回は何もしていないと、子供が小学校すら行けなくなるので、いろいろと問い合わせをした。

 

7月の時点で、役所に問い合わせたのだがまだ通常の住民票がある人の学籍すら出来ていないから、それが出来上がる10月頃に直接学校に連絡してくださいと言われていた。

 

離婚も成立したこどだし、今日学校に電話してみたら副校長先生が対応してくれた。

印象としては、とても丁寧。

自分自身が子供の頃と違って、親がうるさかったり、校内でも決まり等いろいろあるのか、非常に手厚い対応。

事情を説明したら、役所と連携を取ってくれた。

 

おまけに、

『お母さん、今お子さんで気になることとかありませんか?』

なんて聞いてくれた。

ちょっとびっくりしたけれど、相談しやすい環境が小学校にもあるのだと分かったので、とても良かった。

 

しかし、手続きはちょっと面倒だ。

役所と副校長先生の仰っていたことをまとめると。

 

  • 来月学校で行う就学前検診には是非来て欲しい
  • その就学前検診までに書類を役所の窓口に提出してもらえれば、就学の案内を渡します
  • その書類とは、①公共料金の請求書 ②免許証 ③住民票(戸籍記載) 全て現在(離婚後)のもの
  • 書類が間に合わなくても、就学前検診に来れるようにするので、連絡を役所と学校にすること

 

普通に生活していれば、どれもしなくていいこと。

なんて、面倒なんだ〜って思ってしまう。

でもやれば済むことだから淡々とやっていこう。

 

書類関係は、

①公共料金の請求書 ②免許証 ③住民票(戸籍記載)

全て現在(離婚後)のものということなので、先週離婚届を提出したばかりでは、新しい戸籍も出来ていないし住民票も新しくなっていないので、何も今は手に入らない。

 

ひとまず、電気とガスは電話で名義の変更をお願いした。

こちらは特に氏名が変更したことの証明は何もなく、電話口で手配が完了!

こういうのは、助かる。

 

電気は引き落とし口座の名義も変わってしまうので、

銀行口座の名義変更が完了したら再度連絡することになっている。

 

ガスの方は、コンビニ決済に今日の時点で変更することによって、ガス会社から私の新しい名前宛の郵便物が届くとのこと。

その郵便物で就学の手配が進められる。

次回の検針日まで時間が空いてしまうし、早く就学の手配を取りたいので、コンビニ決済に変更。

 

ガスや電気の名義変更は、もっと早くすべきだったなぁなんて今更反省。

ひとつひとつ、こなしてやっていかなくては。

 

それにしても、氏名が変わるとは大変なことだ・・・

 

 

 

いつかは住民票を移すけれど、役所に相談すると閲覧制限というものがかけられるらしい。

とはいえ、もし弁護士とかそういう特権のある人が請求すると、住民票は簡単に見られてしまう。

 

私は、ほとぼりが冷めるまでこのままでいく。

住民票は今住んでいるところに、まだまだ移さない。

何かと手続きが大変だが、このスタンスでやっていこう。

 

念には念を。

 

 

 

スポンサードリンク



にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA