モラハラ

サービス業を見下す

夫は、

物腰が低くって、

話し方も柔らかく、

笑うと目がたれて、

デブだからなんだかいい人そう、

に見える!

 

しかし、

レストランの店員さん、

お店のスタッフ、

ホテルの人、

自分のドライバーさん、

メイドさん、

など、サービスしてくれる人に対して、非常に不躾な態度をとる。

 

レストランで、店員さんを呼ぶときの呼び方や、

お料理がなかなか来ない時のクレームの入れ方がなんとも下品。

英語ではあるけれども、表情、声、全部嫌!

 

確かに、日本の”おもてなし”のようにはサービスが出来ない、というか

そもそもしようとしていない海外のサービス業。

スポンサードリンク



 

それは仕方のないこと。

むしろこちらがその国にお邪魔しているんだし、サービスしてくれる人にも心ってもんがある。

 

例え、してほしい対応をしてくれなくっても、いいじゃない。

多めに見てあげようよ、って私は思う。

 

でも、夫は容赦なかった。

とことん相手のミスにつけこむ。

ガンガン英語で文句を言う。

顔を真っ赤にして、もう誰も止められない。

 

今でも思い出す、恥ずかしかった旅の思い出。

 

子供が生後6ヶ月の頃。

3日間の休みに、その国を抜け出したくて近場の国に逃避。

子供が小さかったので、ほとんどホテルで過ごした。

そのためとっても素敵な安らげるホテルを選んだのだ。

 

帰る日の朝食の出来事。

朝食ブッフェを楽しんでいたところ、ホテルのスタッフが私らのテーブルに来る。

 

『朝食がつかないプランで泊まっているので、いくらいくら払ってくれ。』と言われた。

前日の朝食もそのブッフェをいただいていたので、なんでだろう?と思った。

 

でもよくよく予約票を見ると、朝食なしのプランになっていたのだ。

 

で、あれば普通は2日分のお食事代をチェックアウトの時にお支払いするはずだけれど。

 

夫は、そのチェックアウトの時に、ホテルスタッフに大激怒!!!

 

『チェックインの時に朝食なしとは言わなかったじゃないか!』

『なんで昨日は朝食を食べられたのに、今日は言われるんだ!』

『それなら昨日言うはずじゃないのか!』

 

と、永遠怒鳴り狂っていた。

 

私は・・・・幼い子供を抱っこして。

 

本当に恥ずかしい思いをした。

お願いだからもう止めて!

この旅の思い出が、どんどん悪くなってしまう。

 

数十分後、、、、

 

ホテルスタッフが折れて、お支払いしないこととなった。

 

なんとも後味が悪かった。

 

夫は、どんな気持ちだったのだろうか。

 

自分でも引き下がれなかったのか、それとも支払わなくて済んで嬉しかったのか??

 

そんな人と、

 

今は一緒に過ごさなくてもいい、今の離婚目前の別居の状態ってなんて幸せなんだとつくづく思う。

 

そして、夫の家族もそういう態度をとる人達であった。

 

義母と義姉がレストランに行って、お料理が出てこなくてクレームを入れたら冷めたお料理が出てきて大激怒!!!

 

レストラン側は謝って、『お支払いは結構ですから』

 

と言ってくれたそうだが、

 

義母と義姉は『当たり前です!!!』

 

と言ったのだとか。お食事はいただいたのに。

 

私はその話を聞いて、『え?当たり前なんですか?』と聞いてしまった。

クレームになったとはいえ、食べたのだから、支払うのでは?!

それに、私ならせっかくお食事にして気分悪く帰りたくないから、

『大丈夫ですよ』と言ってお支払いもして帰るけどな。

 

夫はそういう家で育った、ってことである。

 

ある意味、夫も被害者である。
スポンサードリンク



 

そんな人が育った家庭のことをこちらに書いてます⬇︎

いつも誰かと誰かが喧嘩している夫の家族

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA