モラハラ · 駐在生活

カウンセリング、その後

海外からスカイプで日本のカウンセラーさんと話すことができてから、その後の夫婦関係はどうなったか・・・

(カウンセリングを受けた内容の投稿はこちらから、どうぞ。

それをいつも心に、なんとか夫と対等に話せるようになりたいとの思いから、努力した。

努力しないといけない関係ってこと自体が、なんなんだろうかと考えさせられるが。

この頃は、頭の中には離婚の文字は無く、なんとか仲良くやっていきたいと思っていた。

 

いつもは怯えていて、なるべく地雷を踏まないように、やり過ごしていた私だったが、

面と向かって優しくしてみたり、私がどう思っているのかを伝えてみていた。

 

スポンサードリンク



私の気持ちを伝える、

優しくしてほしいなら、

相手に優しくしてあげる。

 

そしたら夫は少し優しくなったようだった。

少しマシになっていった。

 

そして、私のモラハラメモも、2013年6月から1年間ほど空白になって、記録が止まっている。

 

書き留めるほど、大きな事件はなかったようだ。

 

そういった意味では、カウンセリングを受けて、とても良かった。

 

 

でも・・・時と共に私自身カウンセリングを受けて心がけていたことも忘れて行ってしまった。

 

そしてまた、じわじわとモラハラ夫の征服が始まっていった。

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら。

カウンセリングを受ける前日の気持ち

人生初めてカウンセリングを受ける

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA