脱モラハラのススメ

モラハラ体験を手帳にメモをし始めた

夫のことを人に相談し始めた頃、別居の2年ほど前のこと。

 

どんなことがあったのか手帳に書いておくといい、

 

とアドバイスされた。

 

 

書くポイントは、


スポンサードリンク



1)感情は抜きで淡々と

 

2)日付、できれば時刻、場所も。

 

3)相手にメモが見つからないよう管理する

(今時であれば自分しかパスワードの知らないネット上のフォルダもいいかもしれない。)

 

 

私がメモを始めたその時には、

 

この夫婦関係おかしいな・・・と思って非常に悩んでいた頃だった。

 

 

思い出してそれまでにあった出来事、言われたことなどを手帳にしたためた。

 

この記録があると、裁判の時に使えたりもするようだが、

 

何より自分の気持ちの整理がつく場合がある。

 

ちょっと相手のことを許してあげようか、

この人はやっぱり優しいんだ、

 

そう思えるようモラハラ夫はたま~に妻に優しくする。

 

そんな時、そっとこのメモを読む。

 

自分の気持ちや軸をずらさずに冷静でいられるかもしれない。

 

メモだけが味方になってくれることもある。

 

実際にこのメモは別居後の現在も見返すことがあるし、

 

このブログを書くにあたっても役立っている。

 

 

あぁこんなこと言われたよなぁ~当時は辛かったなぁ~自分頑張ったなぁって思える。

 

 

それだけでも、メモを残していて良かった。

 

たかがメモ、されどメモ。

 

いつか活躍してくれる時が来ます。

 

どんなに些細なことでも、記録することをお勧めします。

 

 

現在調停中の私。

 

調停でどんな話がされたか、

 

相手側の要望はなんだったか、

 

どんな書類が出てきたか、

 

いついつに相手に〇〇を返却したとか、

 

調停員に言われた言葉、

 

弁護士さんの意見、

 

弁護士さんとの打ち合わせ内容、

 

役所の手続きの煩雑さなども、

 

手記にしたためてます。

 

 

きっとこれもいつか役に立つはず、と思って。

 


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA